推薦票(Wordファイル)

過去の受賞者一覧

お知らせ

◆二〇一九年八月八日◆

 第十四回(通算二十六回)の受賞著作が決定いたしました。贈呈式は九月二十八日に行われる予定です。

  諸井彩子 氏『摂関期女房と文学』 (二〇一八年四月 青簡舎)

 詳細は こちらからご覧ください。

推薦のお願い

 「関根賞」は一九九三年十二月、新進・中堅の女性研究者による平安時代の文学・語学研究を奨励するため、お茶の水女子大学名誉教授 関根慶子博士の基金により創設され、以来二十余年の長きにわたりその役割を果たして参りました。諸般の事情から、二〇〇五年秋より事務局も新たにし、皆様のご寄付をもとに第二次関根賞として改めて発足させたものです。女性研究者による、女性研究者のための古典文学賞として高い評価を得ております。
 次の第十五回(通算二十七回)については二〇一九年一月~十二月に発表された著書・論文の中からご推薦いただいたものが候補となります。締め切りは二〇二〇年五月末です。賞の詳細・推薦票の書式については事務局にお問い合わせ下さい。受賞にふさわしい研究をよろしくご推薦のほどお願いいたします。

 推薦票のダウンロードはこちらか、右サイドのメニューからお願いいたします。

寄付のお願い

 もしご支援賜ることが出来れば幸いに存じます。お振込み先の口座番号は以下のとおりです。

  寄付受付  一口一万円より
  郵便振替  00800-6-190660
  加入者名  関根賞運営委員会